きゅんとしたら


"他人の間違いに目を向けるな。他人がした事、しなかった事に目を向けるな。ただ自分がやった事、やらなかった事だけを見つめよ。 (ブッダ)"
— 3時間前・リアクション269件
"今日の夕方の空は、
ロマンティックな色をしていた。 明日は、中秋の名月。 死ぬことがこわいとか、
生きている意味がときどきわからなくなるんだとか、
彼が言っているのを聞いて、
抱きしめてあげたいと思った。 それはたぶん、
一瞬の救いでしかないけれど。
それでも、
一瞬の救いをたくさん繰り返してあげたい。"
— 3時間前・リアクション33件
"今朝、夫から凄く良い言葉を聞いた。
子供がモタモタしてる時、やらんで良いことやってるーって思う時、手元を見るからイラつくんだ。でも顔を見るとね、目を見るとね、とても集中してやってるんだよ。一生懸命なの。だから顔をみてるといくらでも待てる、と。"
— 3時間前・リアクション1213件
"朝、テーブルに食べかけのクリームパンが転がっています。残すなら最初から手を付けるなよ。などと思って食べてしまってはいけません。大変なことになります。腹がいっぱいで残したのではありません。美味し過ぎて食べてしまうのが勿体無くて残してあるのです。3歳児とはそういう生き物なのです。"
— 3時間前・リアクション633件
"米国ではレディファーストは徹底的に叩き込まれる。
これは、日本人女性にとっては案外難しい。


すっ、と背筋を伸ばして、優雅に動けるようにならないといけない。
と尊敬する素敵な年上の米国の女性に言われた。

例えば、エレベーターに男の人が沢山乗っていても、私一人が女性の場合、奥にいたとしても、男たちは道をつくってくれ一番先に降ろしてくれる。
(そんな時、私は、すくんで腰をまげて、すみません、すみません、とまるで空気を手できるようなポーズで小走りで降りていた)


彼女は、背筋をのばして軽く会釈して、thank youと言う。
そしてまっすぐ前をみてエレベーターから降りる。それだけのことをすれば良いのよ。

優雅に動きなさい。

そう教えてくれた。"

犬も歩けば 渋谷にあたる (via ashv01)

恐縮する前にさらりと「ありがとう」を言えるだけでも違うよね。

(via eternityscape) (via pipco) (via suzukichiyo) (via dannnao) (via jinon) (via xtc) (via quote-over100notes-jp) (via hektor3a) (via zaiga) (via ipodstyle) (via gkojax) (via mashiro0701) (via miamumu) (via chany2127) (via okmink)

(via osakana29) (via kyoukochang) (via mlwgr) (via mope12) (via starlik-saay) (via stmkrk)
— 3時間前・リアクション1232件
"天皇と皇后が被災地に訪問したときに「つらい目に遭われたでしょう」と声をかけても「がんばれ」とはいわないのは、こうなんていうか、何かの参考になるような気がする。"

天皇 - 2011-05-06 - strange (via mincemaker)

「がんばってくださいね」じゃなくて「がんばりましたね」というのだよ。”you can do it.”じゃなくて”you did it.”なわけ。

(via tekusuke)

(mogomogo29から)

— 3時間前・リアクション2150件
obatasaki:

no.57 月曜日をシャッキリ迎えるために 

obatasaki:

no.57 月曜日をシャッキリ迎えるために 

(tansannsuiから)

— 3時間前・リアクション83件
"不自由な生き方を選んだ大人は、いまこの瞬間を自由に生きている若者を見て「享楽的だ」と批判します。もちろんこれは、自らの不自由なる生を納得させるために出てきた、人生の嘘です。自分自身がほんとうの自由を選んだ大人なら、そんな言葉は出てきませんし、むしろ自由であろうとすることを応援するでしょう。"
— 3時間前・リアクション37件
coromegane:

2014/9/14
「だったらなんなんだ」というツッコミは、心の中だけにとどめておきました。

coromegane:

2014/9/14

「だったらなんなんだ」というツッコミは、心の中だけにとどめておきました。

(tansannsuiから)

— 3時間前・リアクション118件
"

私もうちの住職の世代やおじいさんの世代から
「わしらの修行の時代はもっと厳しかった」とよく言われます。
もっと寒かったし、坐禅の時間も長かった。
修行期間中、ちょっとうちのお寺に帰るようなこともなかった、と。

でも、修行中に指導者でいらっしゃる老師さまがあるとき
「君たちは偉い」
と言ってくだったんです。

「私たちのときは修行は確かに厳しかった。
でも、道場の中も外もあまり変わらへんかった。
食べるものはないし、テレビもなければ、車もなかった。
お寺の中の世界も外の世界もあまり変わらない。
もちろん修行だから、外の世界より厳しくなるのは当たり前であって。
今の世の中は、家の中に暖房もあって、
炊飯器も、テレビ、パソコン、携帯、インターネットもある中で、
君たちは朝3時に起きて、薪でごはんを焚いて、朝から晩おそくまで坐禅をやって、
そのほうがよっぽど立派や。
君たちはしっかり自信を持ってやりなさい」と。

"
— 3時間前・リアクション1255件
"酒飲んで調子よくなってる自分のほうが、
シラフのどんよりした自分より好きになってしまったのが
間違いだった。どんよりした自分をありのままに好きになりたい。"
— 3時間前・リアクション162件
"なすべき仕事をたくさん持っていない限り、怠惰を楽しむことはできない。(英作家: Jerome)"
— 3時間前・リアクション76件